重要

クリーム開発秘話
妊婦さんのボディケア妊娠線ができる仕組みを知って、キレイを保つお手入れを。妊婦さんのボディケア妊娠線ができる仕組みを知って、キレイを保つお手入れを。

Keep Beautiful Keep Beautiful

妊婦さんのボディケア

妊婦さんのボディケアで気がかりなことの一つが、「妊娠線」です。
一度出来ると自然には戻らないと
いわれる妊娠線。
できる仕組みを知って、お腹をキレイに保つためのお手入れを心がけましょう。

Q1.妊娠線って?

あなたのお腹にも...!?こんな妊娠線が、できてしまうことも...。

Answer / 赤いひび割れのように見える線。Answer / 赤いひび割れのように見える線。

妊娠線とは、急激に大きくなるお腹に皮膚の弾力(伸びる力)が追いつかず、お肌の奥の組織まで断裂してしまう現象です。お肌は簡単に言うと、「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つの組織から出来ています。

お腹が急に大きくなると、真皮や皮下組織の部分まで断裂してしまい、皮膚の奥にある血管や組織の色が透けて見えることで、赤いひび割れのように見えるのです。

妊娠線ができるメカニズム
妊娠線ができるメカニズム

Q2.妊娠線ができる人?できない人?

妊娠線ができる人?できない人?

Answer / 人それぞれ、様々です。Answer / 人それぞれ、様々です。

妊娠線ができる人、そのでき方は人それぞれ様々です。お腹だけでなく、足や腕、バスト(脂肪がつきやすい部分)にできる方もいらっしゃいます。その中でも体重の増加が急激な方、乾燥肌の方などができやすいと言われているようです。

「これをすると絶対に妊娠線ができない」という方法はありませんが、ゆっくりと体重を増やすよう心がけたり、お肌をしっかりと保湿し、弾力を保つことが大切です。

Q3.お肌の弾力を保つには?

お肌の弾力を保つには?

Answer / 「乾燥させないこと」が重要です。Answer / 「乾燥させないこと」が重要です。

何よりも、乾燥させないことが重要です。保湿力の高いクリームでしっかりと乾燥を防ぎ、お肌を柔らかく保ちましょう。毎日継続してケアを続けることがポイントです。

お腹が大きくなる前の妊娠初期~中期からケアをはじめて、急激なお腹の成長に備えることをオススメします。

天然由来成分99.9%以上。赤ちゃんも使えるオーガニック妊娠ボディケア

天然由来成分99.9%以上。赤ちゃんも使えるオーガニック妊娠ボディケア

ボディケアクリーム BODY CARE CREAMボディケアクリーム BODY CARE CREAM

HOW TO USE 妊娠ボディケア おすすめの使用方法

ボディケアクリームを適量手のひらにとり、「お腹」「太もも」、「バスト」や「ヒップ」などに
やさしくなじませてください。使用量はお腹の大きさや使用する部位に合わせて調整してください。

マッサージは必要ありません。クリームをたっぷり、やさしくなじませ、こすり過ぎないようにしましょう。
朝、着替えるタイミングやお風呂上りのケアがおすすめです。

MOVIE ボディケアクリームの使い方
  • 両手でお腹を包み込むように下から上へクリームをなじませます。こすり過ぎないように、やさしくなじませてください。 の方も忘れずにケアしましょう。

  • 足のつけ根あたりからおしりの上まで、下から上へクリームをなじませてください。おしりの下の方も忘れずにケアしましょう。

  • ひざから足のつけ根にかけて、下から上へクリームをなじませてください。ふとももの内側も忘れずにケアしましょう。

  • バストを手で包み込むようにクリームをなじませてください。脇からバストの外側も忘れずにケアしましょう。

  • 腕の外側・内側共に下から上へクリームをなじませてください。

POINT.1 妊娠初期からケアを。
POINT.1 妊娠初期からケアを。

妊娠後期に、お腹が急に大きくなり、妊娠線ができる人が増えると言われています。妊娠初期からお腹はもちろん、バスト、お尻も念入りにケアして、お肌を柔軟にしておきましょう。

POINT.2 産後は赤ちゃんにも。
POINT.2 産後は赤ちゃんにも。

産後は赤ちゃんやママの全身保湿用ボディクリームとしてお使いいただけます。同じように、クリームを適量手のひらにとり、お肌にやさしくなじませてください。特に乾燥を感じる部位には、重ね塗りをおすすめします。

※アレルギー体質の方、皮膚の弱い方はご使用の前に上腕部内側などに塗布して、必ず使用テストを行ってください。