重要

Skin Care for baby デリケートな赤ちゃんにとって本当に良いスキンケアとは?
Skin Care for baby デリケートな赤ちゃんにとって本当に良いスキンケアとは?Skin Care for baby デリケートな赤ちゃんにとって本当に良いスキンケアとは?

for Baby for Baby

赤ちゃんのスキンケア

赤ちゃんの皮膚は、大人の約半分(約1mm)と言われており、とても薄くデリケートです。
皮脂の分泌量も少なく、
とても乾燥しやすいことから、摩擦や汚れなど外部刺激を受けやすい状態にあります。

Q1どんなスキンケアがいいの?

肌リスクを抑えたシンプルケアを
肌リスクを抑えたシンプルケアを
生まれたばかりの赤ちゃんは、かゆい、いたい、など言葉で自分の気持ちを伝えることができません。お肌に合う合わないを見極めるためにも、使用前には二の腕の内側など、皮膚の柔らかいところでパッチテストをしてあげることがおすすめ。

また、無添加と一言に言っても何が入っていないのかがとても重要です。香料や着色料だけでなく、肌への刺激となる可能性がある合成成分(界面活性剤・防腐剤・エタノールなど)の有無も注意しましょう。
※石けん、ボディソープなどのパッチテストは水で泡立てたものを塗 布し、1~2分後に洗い流します。
安心・安全の8つのフリー

余計なものを排除することで、肌へのリスクを軽減し、
必要な成分がしっかりお肌に届くよう、設計・配合しています。

安心・安全の8つのフリー安心・安全の8つのフリー
※1:薬機法の化粧品基準に定められた防腐剤を使用しておりません。

Q2どうやって洗えばいいの?

どうやって洗えばいいの?
A2.やさしく洗ってキレイに保ちましょう。
体を洗って清潔に保つことはとても大切ですが、洗うことで必要な皮脂まで取りすぎてしまうと、かえってお肌を乾燥させてしまうことも。

特に合成の界面活性剤を使用した洗剤は、洗浄力が高いものや、肌へ刺激になるものもあるので注意しましょう。肌の潤いを残してやさしく洗える洗浄剤をおすすめします。
どうやって洗えばいいの?

Q3保湿ケアは必要?

保湿ケアは必要?
A3.「保湿ケア」が赤ちゃんのお肌を守ります。
デリケートな赤ちゃんの皮膚は、ちょっとしたことで刺激を受けやすく、肌荒れを起こしてしまうこともよくあります。特に「乾燥はお肌の大敵」で、乾燥によって肌のバリア機能が壊れてしまうと、肌トラブルが起こりやすくなると言われています。

そこで大切なのが保湿ケア。しっかり保湿され、潤ったお肌は表面のキメが整い、バリア機能が高まる為、様々な刺激からお肌を守ることができるのです。沐浴やお風呂の後には、できるだけやさしい成分で作られた保湿剤でしっかり保湿ケアを行いましょう。
やさしい洗い上がりの植物オイルを使ったベビー用ボディソープ

やさしい洗い上がりの植物オイルを使ったベビー用ボディソープ

ボディソープ BODY SOAPボディソープ BODY SOAP